外国為替レートとは何か? 外国為替取引FXの基本(初めての外国為替証拠金取引)

外貨預金、外国通貨への両替時の外国為替レートとは何を意味しているか?

外国通貨への両替、外貨預金での外国為替レートとは

◆外貨預金での外国為替レートについて

私たちが、銀行に外貨預金を依頼する場合、

数%〜10%前後

に相当する手数料(銀行などで多少異なる(※))が為替レートに含まれています。
そのため、かつて一般的だった「ドル円片道1円」と呼ばれる手数料率(仲値(※)と取引に用いられるレートの差が1ドル当たり1円であることをいう)において、取引相手の銀行の仲値が1ドル=110円だったとすると、外貨預金への預け入れ、払い戻しや、外国送金、円貨での受け取りに使われる為替レートは、

円→ドル(TTS)1ドル = 111円
ドル→円(TTB)1ドル = 109円

となります。

◆外貨の現金との両替時の外国為替レートについて

外貨との両替では、

キャッシュハンドリングチャージ(cash handling charge)
(現金取り扱い手数料)

と言われる手数料分がさらに加わります。
顧客からの買取の場合はその分安く、顧客への売却の場合はその分高くなるしくみになっています。

これは、両替では実際に外貨の現金を当該外貨の本国との間でやり取りする必要があり、運送費・保険料その他の費用がかかってしまうことによるものです。

(※)銀行の手数料:外貨1単位に対して何円という料率が普通
(※)仲値:為替においてTTSとTTBの真ん中の価格のこと。


外国為替レート(相場)

外国為替レート(相場)とは!

外国為替レートとは!

外国為替レート(相場)とは!

例えば、

$/¥111.67

これは米ドルの日本円に対する外国為替レートをあらわしています。
つまり1ドルが116.67円であることを意味します。

通常、世界の外国為替市場で外国為替が取引される時はこの形態が一般的です。
外国為替での建値の方法には2通りあります。

◆自国通貨建て
外国通貨1単位に対して相当する自国通貨で表示します。
世界のほとんどの国の外国為替市場でこの方法が採用されています。 (冒頭の例も日本での表示例です。)

ニュース番組などでも、

「1ドル○○○円で取引されています」

などの表現がされていますので、おなじみだと思います。
逆に、「1円0.01ドル」などといわれても私たちはピンとこないのではないでしょうか。

ちなみに外国為替市場では(特に銀行間取引においては)、米ドルが基準となっており、ドルに対する各国の外国為替レートという建値で取引されていますが、

たとえば、 ユーロ/¥142.67 のような場合は、ドルを介在しない通貨間のレートをあらわしています。
これをクロスレート(または裁定レート)といいます。

◆外国通貨建て
これは自国通貨を基準とする方法です。
自国通貨1単位に相当する外国通貨額で表示します。
この外国通貨建てを採用している主要な国は、イギリスのみ。

£/$1.88

のように表示します。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。