外国為替とは何か? 外国為替取引FXの基本(初めての外国為替証拠金取引)

銀行での「外国為替」とは!

銀行で外国為替業務という場合、
外国為替相場が関わる外貨現金との両替業務(外貨現金の直接輸送があることが前提)や、
外貨預金に関わる業務(国際間の貸借関係を必ずしも前提としない)を含めることが多い。
また、「外為(がいため)」と略称で呼ばれることも多い。

債権とは何か?

債権(さいけん)とは、
ある者(債権者)が特定の相手方(債務者)に対して一定の行為(給付)をするよう要求できる権利のことです。

債権の効力として、

給付請求力
給付保持力
貫徹力


があります。
ただし、給付保持力以外はなくてもかまわないともされています。
民法第3編の債権とは、
債権の発生原因として、

契約
事務管理
不当利得
不法行為


の4つを規定しています。
物を支配する権利である物権とは違い、特定の債権者・債務者間でのみ効力を有する権利であるため、排他性はありません。
「排他性」とは同一内容の「権利」が併存しないことを言います)
(多数当事者の債権には、連帯債務、保証債務があります。)

外国為替とは何か?

外国為替とは!

外国為替とは、異なる通貨の交換のこと!

外国為替とは!外国為替取引とは!

アメリカ→米ドル($)
イギリス→イギリスポンド(£)
日本→日本円(\)


など、世界では様々な通貨が流通しています。 このような異なった通貨を交換すること(売買すること)を、

外国為替(Foreign Exchange)(通称:FX)

といいます。
(正しくは交換するものは通貨を含む外貨建て債権(※)です)
つまり、私たちがお店で品物を買う時と同じで、ある一定の代金を自国建て通貨を支払って外貨建て債権を買うという行為のことをいいます。
例を挙げます。

イギリスにいる家族にお金を送金する場合で考えてみます。
あなたが持っているお金は日本円です。
しかし、イギリスで流通している通貨はポンドです。

そこで、銀行などに行って送金したい額の日本円を払込み、相当額のポンドに交換します。
(つまり日本円でイギリスポンドを買うということです。)

これが、あなたと銀行との間で行うポンドと円の外国為替取引です。
この時に適用される円とポンドの交換比率を、

外国為替相場(または外国為替レート)

といいます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。