外国為替市場とは! 外国為替取引FXの基本(初めての外国為替証拠金取引)

外国為替市場とは!

外国為替市場とは!

外国為替市場とは!

外国為替取引が行われているのが、

外国為替市場

ですが、証券取引所のように人がどこかに集まって取引を行っているわけではありません。
外国為替市場とは
以前はテレックスや電話による取引(テレフォンマーケット)がでしたが、スクリーンを見ながらキーボードの操作によって取引を行うスクリーンマーケットが主流になってきました。

さて、私たち個人が外国為替取引を行う場合には一般的には銀行に行って取引をしますが、銀行を介さなくても外国為替の取引は可能です。

また、企業間での取引も盛んに行われています。 (外為法改正後以降)

こうした個人や企業による外国為替市場を顧客市場といいます。
これに対して、銀行が顧客市場によって発生した外国為替のポジション(持ち高)を調整、または、売買益を狙って売買を行うのがインターバンク市場(銀行間取引)といいます。

外国為替市場とは、
この顧客市場と銀行間市場の両方から構成されているのです。
もちろん、日本だけでなく世界で外国為替の取引がおこなわれています。

東京をはじめとして、ロンドン、ニューヨークの三市場が主要外国為替市場となっています。 (ちなみに日本では東京外国為替市場の規模が圧倒的ですが、小規模ながら大阪でも外国為替取引が行われています。)

★まとめると、外国為替市場は次の3つに分けることが出来ます。

銀行⇔銀行
銀行⇔個人、企業
企業⇔企業(銀行以外の者同士)


銀行間市場においては、中央銀行(日本では日本銀行)も外国為替取引を行います。
これは、介入と呼ばれ、外国為替レートの乱高下など外国為替レートが適切でない時に行われます。

また、銀行間取引では仲介者として外国為替ブローカーが取引に介在することがあります。

ここ最近では業種に関係なく為替差益を狙って様々な企業が外国為替取引を行っています。

証券会社
生命保険会社
自動車会社
家電メーカー
輸入業者
商社


などなど。
また、個人の外国為替取引も総額では資本収支の額にせまるほど大きな市場になっています。 (これは海外旅行の増加がひとつの要因にもなっているようです)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。