そもそもなぜ外国為替が取引されるのでしょうか?その理由(必要性)とは! 外国為替取引FXの基本(初めての外国為替証拠金取引)

そもそもなぜ外国為替が取引されるのでしょうか?その理由(必要性)とは!

外国為替取引の必要性とは!

なぜ、外国為替取引が行われるのでしょうか!

◆外国為替が盛んに取引されているのはなぜでしょうか?

それには大きく3つの理由があります。

為替リスクの回避
外国為替売買による利益の追求
各通貨への需要



為替リスクの回避とは!

外貨建ての債務、債権は外国為替レートの変動によってその価値が一定ではありません。 運よく上がることもありますが、下がる危険が常に伴います。 外国為替リスクの回避
このリスクを為替リスクといい、この危険を避けることを「リスクをヘッジする」という言い方をします。

例えばあるメーカー企業がアメリカへ商品を輸出する場合の決済は普通、輸出してから3ヵ月後、というような先物取引になりますが、この場合でも、輸出時点でのレートと実際に代金を受取るときのレートとでは違うわけですから、仮に10円の円高になっていた場合、100万ドルの輸出をすれば1000万円目減りしてしまうことになり、企業にとっては大打撃となってしまいます。

この為替リスクをヘッジ(回避)するために事前に決済日より前にドルを先物で売っておく(外国為替取引)必要があるわけです。

外国為替売買による利益の追求とは!

上記のようなリスクを避ける(ヘッジする)ため以外にも、さらに売買益を得るために通貨を安く買って高く売るという外国為替取引が盛んに行われます。
実は、世界の外国為替取引理由の9割くらいは外国為替取引の売買益を得るために行われています。

各通貨への需要とは!
外国為替が取引される理由とは!
通貨への需要とは、例えば私たちが海外旅行に出かける際には、その国の通貨がどうしても必要になります。
銀行に行って外国為替取引をすることになります。

また、企業が外国へ相手国の通貨建てで輸出する場合の代金は円でなく相手国の通貨で支払われます。
日本の企業の場合なら、そのお金で日本円を買うという外国為替取引が必要になるのです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。